マリーと魔法使いヨハン27話

027 星の巡りは、永遠

 

kakuhaji.hateblo.jp

 第1話はこちらから読めます ↑

 

 マリーがヨハンのアジトに戻って来たころには――――西の空を濃紺の帳がおおい、半分かけた下弦の月が、ゆっくりと顔を覗かせていた。

 マリーが浮かれ気分でアジトに戻ると、ヨハンが落ち着かなそうに部屋中をうろうろとしていた。

「マリー、いったいどこまで出掛けてたんだい? 心配したんだよ」

 ヨハンは大袈裟に言ってマリーを心配した。

「少しお喋りをしていたら、遅くなっちゃった。はい、これ――――頼まれた洋服。それと美人の店員さんがよろしくって言ってたわ」

 マリーは礼服の入った箱をヨハンに渡した。
 そしてナターシャが言っていた言葉を思い出して、マリーは勝手に一人恥ずかしくなった。

「ふーん」

 顔を微かに赤らめるマリーに、ヨハンは意味ありげにマリーを眺めた。

「なっ、何よ?」

「いや、マリーが外で、僕以外の男性と会話していると思うと悲しくて」

 白々しいヨハンの物言いに、マリーは顔をしかめた。

「そうね、アレクサンドリアの男性はみんな紳士的で素敵ね。あなたの何十倍も優しいわよ」

 マリーは不敵に言い放ってみせる。
 するとヨハンは顔色を変えた。

「マリー、町で男に声をかけらても、ほいほうついて行ったらダメだ。世の男たちは、みんな獲物を狙う飢えた狼みたないものなんだから」

「ちょっ、ちょっと、心配してくれるの嬉しいけど――――子供扱いしないでよね。それと、お喋りしてたの私と歳の近い女の子よ。そんなに心配しなくて大丈夫」

 マリーはドロシーのことは詳しく話さず、適当に言ってヨハンをあしらった。

「なら、いいけど。本当に外には危険がたくさんあるんだよ」

 ヨハンは振り返って、キッチンに向かうマリーの後ろを追うようについてきた。

「じゃあ、早く私の中の“聖杯”を取り出してよ。ここにいるほうが危険だと思うけど?」

 マリーは後を追うヨハンをぴしゃりと言い放ったた。

 そしてマリーは、何食わぬ顔で今日買ってきた食材をキッチンで広げた。ヨハンは痛い所をつかれたのか、それ以上何も言えにずにただ立ち尽くしたままで、その表情はとても心苦しそうだった。

「ロキ、もう少し待っててね? すぐに夕食をつくるから」

 そんなヨハンとは対照的に、マリーはとても上機嫌で鼻歌を歌いながら夕食の準備に取り掛かった。

 そしてその夜――――下弦の月が輝きを増しはじめた頃、ベッドの中で毛布に包まりながら、マリーは今日出会った素敵な友達のことを考えていた。

 マリーは初めて年の近い友達に出会ったので、嬉しくてしかたがなかった。

 最初は少し怖そうな印象のドロシーだったけれど、落ち着いて大人びているドロシーを、マリーはまるで、自分の姉のように感じていた。

「マリー、悩み事があるわね」

 コーヒーを飲み終わると、突然、ドロシーがマリーに尋ねた。
 ドロシーはマリーの手に、自分の冷たい手を重ねた。

「それも自分の手には終えないとても重要な事ね。そのことでマリーは深く悩んでる。でも、悩みはそれだけじゃないわね?」

 ドロシーはマリーの心を見透かすように眺めた。

「どうして、そんなこと分かるの?」

 マリーは動揺して言った。

 マリーは聖杯のことを打ち明けようか、一瞬だけ迷い、頭を悩ませるが――――マリーはドロシーを巻き込んではいけないと、喉まで出かかった言葉を飲み込み、けっきょく聖杯のことを口にするのを止めた。

「私、占星術――――つまり占いが得意なのよ。それに、けっこう当たるのよ」

 マリーはドロシーに何て答えればいいのか分からず、急に押し黙ってしまった。あまり隠し事が好きではないマリーは、友達に嘘をつくことを心苦しく感じていた。

 それを見たドロシーは、マリーに優しく言った。

「マリー、私は、あなたの悩みを無理に聞きだそうだなんて思っていないわ。ただ、あなたが一人で悩んでしまっているのが悲しかっただけよ。でもね、マリー――――」

 ドロシーはマリーを強い眼差しで見つめ、暖かい言葉を紡いでいく。

「決して現実から目を背けてはダメ。たとえ死神の鎌があなたの首を撫でようとも、決して目を瞑らないで。そして、あなたを守ってくれる人を信頼しなさい。たとえどんなに遠く離れても、あなたたちの絆は消えないわ。だから、疑ってはダメ――――貴方は全てを受け入れるさかずき。最後まで、あなたの選んだ人を信じなさい」

 優しく背中を撫でられるようなドロシーの言葉に、いつの間にかマリーはとても穏やかな気持ちになっていた。

 そして帰り際――――扉の前で別れを惜しむマリーに、ドロシーは優しく微笑んで言った。

「今日はとても楽しかったわ。こんなに笑ったのも久しぶりよ」

「私も、本当に楽しかった。ねぇドロシー、また来てもいい?」

 マリーは恥ずかしそうに俯いた。

「ええ、いいわよ。また出会えることが出来たなら――――今日みたいにお話ししましょうね」

 マリーはドロシーの言葉の意味がよく分からず――――また出会えることが出来たならとは、どういう意味だろうと考えていた。

 そんなマリーを見たドロシーは、マリーを気遣い、そして心配するように言葉をかけた。

「マリー、覚えておいて――――星の巡りは、永遠。全ての物事には理由があり、結末がある。今日の私の言葉を忘れてはダメよ」

 その夜、マリーはドロシーの夢を見ていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらの物語は、『小説家になろう』に投稿していたものをブログに掲載し直したものです。『小説家になろう』では最終回まで投稿しているので、気になったかたはそちらでもお読みいただけると嬉しいです。

 

ncode.syosetu.com

バナー画像