マリーと魔法使いヨハン89話

089 血と死の味

 

kakuhaji.hateblo.jp

 第1話はこちらから読めます ↑

 

 唇が重なり合い――――

 血と死の味と香りのするヨハンの唇を愛おしく感じるマリーに、奇跡がおきた。

 唇が重なり、二人の世界が重なり合ったその瞬間――――

 マリーの心臓から、再び光が溢れ出した。

 しかし、その光は儚く悲しげな紅でなく、マリーとヨハンが出会い、導かれた、淡い緑色の光だった。

 マリーとヨハンは唇を重ねたまま、その暖かく心地良い光に優しく包まれた。

「――――マリー、ありがとう」

 その言葉が懐かしく、切なく、嬉しくてたまらなく、そして愛おしいと感じたマリーは、驚きで瞳を開いた。

 すると黒い真珠のような瞳は、美しい翡翠の瞳と重なった。

「ヨハン」

 唇を離したマリーは、溢れ出る涙を止めることはできず、そしてもうその必要もないと、満ち足りていく心のままに目を覚ました少年を見つめた。

 冷たい風が吹いていた空虚の心に暖かい春の風が吹き、ぽっかりと開いた心は大切なもので埋め尽くされていた。

 満ち足りていた。

 淡い緑色の光に包まれ、そして全ての傷が癒え、体に生気が戻ったヨハンは、ゆっくりと立ち上がり、マリーに手を差し伸べた。

 マリーはまるで夢を見ているようで、目の前で起きた光景が信じられないとヨハンを見つめた。

 しかし、マリーの魂は感じていた、

 目の前で立ち上がった少年が、まぎれもなく自分が信じ、そして受け入れた少年だと、魂が激しく震えて感じていた。

「ヨハン、いったい――――どうして?」

「夢でも、嘘でもない。マリーのおかげでさ――――さぁ、立って」

 マリーは無言でヨハンの手を取り、ゆっくりと立ち上がった。

 二人が立ち上がると緑色の光は輝きを増し、昼が訪れたように大聖堂の全てを照らし出した。

「“聖杯”が反応したのか――――彼女を選んだということか?」

 立ち上がった二人と、溢れ出した神々しい光を見て、ユダは思わず声を漏らした。

「なんと美しく、なんと暖かいことか――――これが、私たちの求めた光か」

 ユダは恍惚とその光を見つめていた。

 光に包まれて手を取り合う二人は、互いに視線を合わせ、お互いを見つめ合った。

「ヨハン、私、私ね――――」

 洪水のように溢れ出しそうになる心と言葉に、マリーは困惑して何を言葉にしていいのかまるで分からずにいた。

 そんなマリーの唇に人差し指をそっと当てて、ヨハンは優しく微笑んだ。

「マリー、僕らの世界は始まったばかりだ。これからゆっくり話し合って解り合おう――――」

 ヨハンの言葉に、マリー無言で頷いた。

 その瞳は涙で輝き、魂はこれでもかと言うぐらい澄み渡っていた。

「マリー、僕はこの悲しい物語を終わらせたい――――力を貸してくれる?」

 マリーは、ヨハンを真直ぐに――――澄んだ曇りなき瞳で見つめた。

「はい」

 マリーはヨハンの手を強く握った。

 その瞬間――――

 握り合った二人の手に光が集まり、そして二人の手の中に“小さな石”のようなものが現れた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらの物語は、『小説家になろう』に投稿していたものをブログに掲載し直したものです。『小説家になろう』では最終回まで投稿しているので、気になったかたはそちらでもお読みいただけると嬉しいです。

 

ncode.syosetu.com

 
バナー画像