読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トマトソースをつくってみた!

今回は料理の基本の「き」である「トマトソース」のつくり方です!

f:id:nowar1024:20160719180351j:plain

 トマトソースは『イタリア料理』の基本の「き」にして、多くのベースとなるソースです。

 

これがあるとないとでは、料理のデキにかなりの差が出ます。それに、料理時間の短縮にもなります。市販のものですませてしまってもぜんぜんかまいませんが、ご家庭でも簡単に作れますし、自分の好みの味に調節できますので、一度作ってみることをお勧めします!!

 

そして、今回のブログ記事は――

 

――『全3部作』でお送りしたいと思っています!

 

今回が基本の『トマトソース』作りです。

次回が完成した『トマトソースを使ったリゾット』。

三回目が、つくり過ぎた『リゾット』でつくる『ライスコロッケ』。

 

トマトソース三段活用です!

 

どれも『トマトソース』を使用した記事になりますので、今回の記事を読んで『トマトソース』をつくったかたがいらしたら、ぜひ次回の記事も楽しみにしてください。

 

さっそく、レッツクッキング!!

 

f:id:nowar1024:20160719181003j:plain

 

材料

 

トマト缶 二缶

タマネギ 一つ

ニンニク 四かけ

ローリエ 三枚

赤ワイン

塩・コショウ

オリーブオイル

バター

 

f:id:nowar1024:20160719181353j:plain

f:id:nowar1024:20160719181401j:plain

f:id:nowar1024:20160719181411j:plain

 

ニンニクと玉ねぎはみじん切りにします。

荒ミジンでいいですよ!

 

f:id:nowar1024:20160719181419j:plain

 

まずは鍋の中にオリーブオイルをたっぷりと引き、弱火でニンニクを炒めます。だいたい『きつね色』になるまで炒めてください。

 

f:id:nowar1024:20160719181431j:plain

 

ニンニクが炒まったら、次はタマネギを炒めます。こちらは『超弱火』で、だいたい『30分』くらい炒めてください。

 

面倒くさいと言う方は、タマネギが透明になるくらい、五分くらい炒めるだけでも大丈夫ですよ。

 

(しかし、ここで手間をかけておくと、出来上がりがぜんぜん違うのです!)

 

f:id:nowar1024:20160719181849j:plain

 

これくらいになればベストです!

 

f:id:nowar1024:20160719182004j:plain

f:id:nowar1024:20160719182011j:plain

 

続いて、『トマト缶』をミキサーにかけておきます。

ミキサーにかけることで、舌ざわりがよくなります。

 

(ミキサーねーよ、めんどくせーよって方は、これもしなくて大丈夫です。そのまま鍋にぶち込めええええ!)

 

f:id:nowar1024:20160719182307j:plain

f:id:nowar1024:20160719182414j:plain

 

ミキサーにかけた『トマト缶』と『赤ワイン』、『ローリエ』を鍋にぶち込みます。(別に白ワインでもいいんですけど、赤のほうがコクが出ます。お好みでどうぞ!)

 

鍋を一煮立ちさせえ、アルコールを飛ばしたら、鍋の中身の量と『同量』程度の『水』を入れて、中火で煮込み続けます。時折鍋を揺すったりして、ソースが焦げ付くのを防いでください。

 

だいたい二時間くらい煮込むのがベストですが、最低30分煮込めばソースが完成します。

 

一時間以上煮込む際は、途中で水分が完全に飛んでしまうので、水分が少なくなったら継ぎ足しをしてあげてください!

 

f:id:nowar1024:20160719183038j:plain

 

これが二時間くらい煮込んだ後のトマトソースです!

 

この時点までは一切味付けをしていないのですが、最後の仕上げの段階でいっきに味を仕上げてしまいます。

 

味付けは『仕上げ』と覚えてください!

 

f:id:nowar1024:20160719183415j:plain

 

『塩・コショウ』、たっぷりの『バター』を入れて仕上げるのですが、この時に『バジル』や『オレガノ』などのハーブを入れると、『ハーブのトマトソース』ができますよ! 

 

(予めハーブ入れておけば、麺と絡めるだけで美味しい、即席で使える『パスタソース』になります。お好みでどうぞ)

 

これでトマトソースは完成です。

 

f:id:nowar1024:20160719180351j:plain

 

あとは『粗熱』を取り、『タッパー』などに移して冷蔵庫で保管してください。「つくり過ぎたー」、「使いきれないよ―」って人は、『ジップロック』などに入れて冷凍庫で保管すると、かなり長期にわたって保存できますよ!

 

さて、今回の『トマトソース』はこれで完成です!

 

次回はいよいよ『トマトソースを使ったリゾット』です。

楽しみにお待ちください

 

f:id:nowar1024:20160629171159j:plain

グラッツェ――またのご来店をお待ちしてます! 次回の更新をお楽しみに」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

kakuyomu.jp

バナー画像