読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリーと魔法使いヨハン12話

012 夜ですら、その時が訪れるのを恐れているかのように

 

kakuhaji.hateblo.jp

 第1話はこちらから読めます ↑

 

 その夜――――

 マリーがぐっすりと寝静まったころ、深い夜の闇に美しい横笛フルートの音が響きいた。まるで子守歌のように優しく響くその笛の音色は、目の覚めている全てのものを眠りへといざなっているようだった。

 昨日よりも少しだけ欠けた月の下で、少年は微かな月の光と夜の冷たい空気を観客にして、一人笛を吹いていた。

 屋根の上に飾られた天使の彫刻の上に立ち、月を見上げた少年によって奏でられるその音色は、やわらかな優しさと暖かさの中に、寂しさをまぜたもの悲しい音色に変わり、少年もまた、その姿、そしてその背中に、哀愁を漂わせていた。

 しばらく月夜の孤独な演奏が街並みの静寂に響きわたり、深い夜はその演奏に耳を澄ましているかのように、いつもよりゆっくりと更けているようだった。

 そして、その音色を聞きつけてやって来たのか、とつぜん孤独な演奏会に観客が現れた。闇夜に紛れて現れた観客は、暗闇よりも尚暗い黒を纏い、紫に光る妖しげな瞳を持った――――この世ならざるものだった。

「久しぶりだな、お前がフルートを吹くなんて」

 この世ならざるものは、低く淡々とした声で月夜の演奏者に声を掛けた。声をかけられた演奏者は笛を吹くのを止めて振り返り、見下ろすように現れた観客を見据えた。

「たまには吹いてみたくなるものさ。忘れたころに思い出してしまう女性を愛おしく思うようにね」

 演奏者は銀色に輝く長い髪をかきあげ、自分の言葉に酔いしれるように言ってみせた。

「彼女に痛いことでも言われたのだろう」

 この世ならざるもの、しかし猫の姿をした観客は冷たく言い放った。

「相変わらず、何でもお見通しだね? まぁ、そういうことさ」

 演奏者はうんざりしたようにもらし、とたんに翡翠の瞳は輝きを失った。

「なぁ、ロキ、僕はどうしたらいいのかな?」

 力なく、沈んだ声の演奏者を前に、ロキは説き伏せるように言った。

「ヨハン、これはお前が選び進んだ道のはずだ。その答えは、お前でしか導き出すことはできない」

 まるで諭すように、ロキは淡々と言葉を並べていく。

「初めから解っていたはずだ。忘れたか? “大いなる力には、大いなる責任――――そして、それに伴う代償がつく”と」

 強く突き放すかのような言葉を受けて、ヨハンは叱られた子供のように表情を歪めた。

「君もずいぶん手厳しいね――――」

 ヨハンの声はどんどんと沈んで行き、まるで奈落の底に落ちて行くかのようだった。

「大いなる力には、大いなる責任―――そして、それに伴う代償がつく、か?」

 ヨハンはロキが口にした言葉の溝をなぞるように繰り返した。
 しかし、なぞったその言葉は、ヨハンにとって遥か以前の大きな溝だった。

「ユグドレイシアが今のお前を見たら、どう思うか」

 ロキの言葉を聞いて、ヨハンは気持ちはさらに深い所へと沈んで行きそうだった。今にも崩れてしまいそうなくらいに。

「その話はやめてくれ。分かっているよ、ただ決心がつかないだけだ」

 弱々しく声を発するヨハンに、ロキは強い口調で言葉を続けた。

「その決心とは、何だ? 責任を果たすことへの決心か――――それとも、代償を払うことへの決心か?」

 ヨハンは今にも泣き出しそうな表情を浮かべ、その心は心臓を槍を突き刺されたように痛んでいた。そしてヨハンはそれ以上、何も言わなかった。

 演奏者は再び笛を吹き始めた。

 深い夜のには、再び笛の音色が響きわたった。

 しかし、その音色は先程までの音色よりもずっと悲しく、とても寂しい音色だった。まるで誰かとの別れを悲しみ、終わりが来ることを恐れているような、そんなもの悲しい音色だった。

 夜ですら、その時が訪れるのを恐れているかのように――――

 東の空は次第に明らみ、白んでいった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらの物語は、『小説家になろう』に投稿していたものをブログに掲載し直したものです。『小説家になろう』では最終回まで投稿しているので、気になったかたはそちらでもお読みいただけると嬉しいです。

 

ncode.syosetu.com

バナー画像