読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻婆豆腐つくってみた! (カクヨム・キッチン)

『カクヨム』と全く関係ありませんが――

麻婆豆腐をつくってみました!!

f:id:nowar1024:20160426052014j:plain

 

 第3回目のカクヨムキッチンは麻婆豆腐です!

(今回はオリーブオイルを使いません! そのかわりにごま油を使います)

 

f:id:nowar1024:20160426052201j:plain

 

材料

 

ひき肉

豆腐

長ネギ

生姜

ニンニク

豆板醤

甜麺醤

豆鼓醤

ごま油

ラー油

山椒

塩・コショウ

中華の素

醤油

一味唐辛子

片栗粉

 

 

まずはニンニク、生姜をみじん切り。

長ネギを細かく切ります。

f:id:nowar1024:20160426052558j:plain

こんな感じです。

f:id:nowar1024:20160426052629j:plain

こんな感じです。

 

続いてフライパンに油を引き、みじん切りにした「長ネギ」と「生姜」を炒めます。

 

この時、みじん切りにした具材をじっくり炒めて、油にしっかり香りを移してください。油はたっぷり使ったほうが美味しいですよ!

 

(山椒の粒があれば、一緒に炒めるとなおよしです)

f:id:nowar1024:20160426052855j:plain

ニンニクがきつね色になったら油から取り出して、その油にひき肉を入れてください。

f:id:nowar1024:20160426053411j:plain

ひき肉に焦げ目がつくまで炒めます。

この時、ひき肉に塩・コショウで下味をつけておくといいですよ。

f:id:nowar1024:20160426053530j:plain

同人進行でお鍋にお湯を張って沸かしてください。

f:id:nowar1024:20160426053724j:plain

ひき肉が炒まってきたら、豆板醤を入れて一緒に炒めてください。

f:id:nowar1024:20160426053823j:plain

こんな感じになったら、酒を入れてアルコールを飛ばしてください。

(僕は火加減は常に強火でやっていますが、慣れないうちは弱火と中火の間で料理すのがいいと思います)

f:id:nowar1024:20160426054026j:plain

こんな感じになります。

f:id:nowar1024:20160426054146j:plain

その間に、適当な大きさに切った豆腐を湯通しします。

 

しばらく豆腐を茹でると、とてもプルプルになります。

プリンくらいのぷるぷるになったら、鍋から取り出して湯を切ります。

f:id:nowar1024:20160426054359j:plain

豆腐を茹でてい間、素早く麻婆豆腐を仕上げます。

 

ひき肉を炒めているフライパンに水を入れます。

水の量は豆腐を入れた時に、豆腐がひたひたになるくらいです。

 

その後で、中華だし、甜麺醤、豆鼓醤、醤油、ネギ、炒めたニンニク・生姜などを入ます。

 

調味料の量は目分量です。少しずつ入れて味を調節してください。

 

辛みが足りなければ豆板醤と一味唐辛子を足してください。

f:id:nowar1024:20160426055059j:plain

味が整ったら、水を切った豆腐を入れます。

 

この時、麻婆の味が整うタイミングと、豆腐を鍋から上げて水を切るタイミングが合えば――

 

あなたはプロです!!

 

豆腐を入れてフライパンを一煮立ちさせたら、水で溶いた片栗粉を回し入れます。

f:id:nowar1024:20160426055404j:plain

お好みのとろみがついたら、最後にラー油と山椒を入れて完成です。

 

ラー油と山椒を最後に入れるのは、辛みや風味が飛ばないようにするためです。

 

そして、中華料理では『化粧油』といって、最後に油を回しかけることで料理を綺麗に見せる手法があります。

 

 

これで完璧に完成です!!

 

 

f:id:nowar1024:20160426055733j:plain

 

僕は麻婆丼にして食べました。

 

かなり辛めつくったので汗が止まりません。

しかし、ウマカラです!!

 

最後の一口にお酢を垂らして食べるとなお絶品ですよ☆

 

慣れれば誰でも手際よくできる簡単な料理なので、よかったら作ってみてください!

 

今回の記事はここまでです。

でわー

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

kakuyomu.jp

バナー画像