読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青い春をかける少女~1話

小説 青い春をかける少女(完結済み)

01 青瀬春

 

 

 私の名前は青瀬春あおせはる。14歳。

 

 どこにでもいる普通の女の子、とは思われたくないと思っている――

中学三年生の受験生。

 

 趣味は読書と音楽。好きな作家はたくさんいすぎて選べません。

それと音楽は聴くのも好きだけど、演奏するほうが好きなタイプ。

ちなみに楽器はサックスとギター、それにピアノを少々。

吹奏楽部所属でした。

 最近、中学校の友達と小さなジャズ・バンドを始めました。

 

バンド名は“南方郵便機(なんぽうゆうびんき)”。

 

私の大好きな作家、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリから恐れ多くもお借りしてしまったバンド名ですが、私以外のメンバーからは、かなり不評。

 けっこう無理を言って、せいいっぱいお願いをして、ようやくこのバンド名で納得してもらえました。

 今度、喫茶店“夜間飛行(やかんひこう)”にて、私たちの初ライブがあるので是非聴きにいらしてください。

少し恥ずかしいですけど、せいいっぱい演奏します。

 

 さて、中学三年生の夏、受験戦争真っただ中のこんな時期に、それも受験戦争が最も激しくなると恐れられている夏休みを目前にして、バンドを始めて初ライブなんて――と、おっしゃられる方もいらっしゃるかもしれませんが、それがまさしく問題なのです。

 

 私、受験生という立場をもてあましているのです。

 まわりのみんなが、おもに大人たちが「進路進路」、「将来将来」、「未来未来」と口を揃えて言うのですが――

 

 私は、受験ってそんなに大切なものなのかなって、そんなせいいっぱい頑張る必要があるのかなって、そこそこの高校に進学すれば、それでいいんじゃないのかって、思ってしまうんです。

つまり、まわりの大人たちが大合唱する受験というものが、私にはただの空念仏にしか聞こえなくて、いまいち実感というものが湧かないのです。

 

私は将来なにになるのかな?

 

普通に高校に進学して、普通に大学に通って、普通の会社に就職して、普通な誰かと結婚して、子供を産んで、育てるのかな?

 

 ぜんぜん実感が湧きません。

 

 明日の自分のこともよく分からない私なのに、半年後、一年後、さらには将来の自分のことを想像するんてできるのかな?

 それって、返ってきたばかりのテスト用紙でつくった紙飛行機を青空に向かって飛ばして、その紙飛行機がどこに行きつくのかを想像するぐらい、実感が湧きません。

 

 それに私は、もっと何か特別なことが起こってほしいって思うんです。

 

 この凪いだ青空が、とつぜんラムネの炭酸みたいにしゅわしゅわと弾けてしまうように素敵なことが、私の目の前で起こってほしいと思っているんです。

 

 そう、月に向かって飛んで行ってしまえるような、そんな素敵なことが――

 

 ああ、私はどうすればいいのでしょう?

 

 

 青瀬春、人生最大の悩み到来です。

 

 

―――――――――――――――――――――

 

 第1話終了です。

 続きは下記のサイトで読めます。

kakuyomu.jp

 

完結まで書いているので、よかったらのぞいて見てください。

このサイトでも少しずつ更新していきます。

 

ありがとうございました。

バナー画像