読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリーと魔法使いヨハン90話

マリーと魔法使いヨハン(完結済み) 小説

090 長き冬 黄金の陽だまり

 

kakuhaji.hateblo.jp

 第1話はこちらから読めます ↑

 

「ねぇ、ヨハン――――“聖杯”も言ってるわ。悲しみを止めて欲しいって言ってるよ」

 強く握った光は柱となり――――

 大聖堂の空間を貫き、アルバトロスを貫き――――そして“キャメロット”の天と地を繋いだ。

 光の柱は大きく広がり、夜空を神々しく輝かせた。

 ユダは暁の光の照らされるキャメロットを恍惚と眺めて、そしてその暖かさに震えていた。

「ユダ、やはり僕には、あなたのやり方は理解できない。それでも、僕は世界変えたいんだ。あなたとは違うやり方で――――」

 ヨハンは力強く言葉を紡いだ。

「――――だから、この物語を終わらせます」

 ユダはヨハンの決意に満ちた表情を見て、小さな笑みを一つ落とした。

「そんなに苦しそうな顔をするな。これは我々が選んだ道。こうなることなど理解していた。だが、忘れるな――――」

 ユダは厳しく言葉を続ける。
 まるで、愛弟子が巣立って行くのを見届ける師のように。

「世界は破滅への切符を手にしている。このレールは簡単に変えられる程甘くはない。私たちが七十年かけて成しえなかったことだ。貴様にできるのか――――この堕ちてゆく世界を、変えられるのか?」

「変えられるさ」

 ヨハンは迷わずに言った。
 曇りなき瞳、偽りなき言葉で。

「世界は変わるのを待ってる。新しい波を、光を、時代を待ってるんだ。僕は、そう信じている。それに、僕ひとりでは無理でも――――」

 ヨハンは、マリーを見つめて頷き――――
 マリーもヨハンに合わせて頷いた。

「彼女となら、マリーと一緒だったら――――何だって変えられる」

 強く手を握り、頷きあう二人を見て、ユダは納得したように頷いた。

「そうか。ならば、もはや語る言葉はない――――見せてみろ、貴様のことわりを」

「ユダ――――あなたの、あなた達の意思は僕が受け継ぎます。長き冬を歩き続けた者たちよ、けがれなき魂の持ち主たちよ、どうか安らかに星に帰ってくれ」

 ヨハンは転がっている箒に手を伸ばして、箒を繰り寄せるとその柄に足を付けた。

 そして、ヨハンはマリーを抱えようとしたが――――マリーは首を横に振った。

「いいの。あなたと一緒に飛びたいの」

 マリーは自らの足を箒に付けた。

 ヨハンはマリーの後ろから両方の手を握って支えた。

「さあ、行くよ――――」

 マリーが頷くと、箒は光の柱を辿るように天へと上昇して行った。

 緑色の光の帯を引きながら大聖堂の空間を貫き、天へと向かっていく二人を見つめ続けたユダは、穏やかな笑みと共に、言葉を落とした。

「ユグドレイシアよ――――お前の弟子は立派な魔法使いになっていたぞ。あの頃が、懐かしいな。私たちが共に駆け抜けた時代が、私は懐かしく、恋しい。私たちが共に過ごした時代には、全てが在った。黄金の陽だまりの中にいるようだった。ユグドレシア、お前が今の私見たら、なんと言うだろうか? きっと耳が痛くて聞けぬだろうな。なぁ、ユグドレイシア――――私たちが一緒になっていたら、息子はあんな子供になっていただろうか? お前がついてきてくれていたら、私は道を誤らなかっただろうか?」

 過去を懐かしむように言葉を綴り、目の前に流れる大きな時間の流れに、ユダは飲み込まれていた。

「アルトリウス――――私たちは間違ってしまった。あのような力で“キャメロット”の栄光を甦らせようなどと、お前だった絶対に許さなかっただろうな? すまない」

 ユダは後ろに控える十二人のテンプルナイトに視線を向けた。

「皆、すまない。長き苦しみの中を歩かせてしまった」

 ユダの言葉に意を唱える者など、一人もいなかった。
 皆黙ってユダに言葉に耳を傾けていた。

 そして騎士たちの瞳には、穢れなき涙が浮かんでいた。

「ありがとう。ここまで共に歩めたことを誇りに思う」

 ユダは崩れ行く大聖堂の中から世界を見渡した。

「愛すべき魔法使いたちよ――――賢くあれ。汝らの世界が、平和であることを祈る」

 ユダは苦笑いと共に首を振った。

「いや、それはもう、あの二人に託したことか? さぁ、我々は眠りにつこう――――ようやく皆に会える。“キャメロット”の栄光に、ようやく帰れるのだ」

 ユダは嬉しそうに告げ。

 すると、その体はしわがれながら、砂がこぼれるように崩れ始めた。

 黙示もくしの魔法使いユダと、十二人のテンプルナイトたちは――――

 魔法の解けた大聖堂の空間と共に崩れて消えていった。

 そして長き冬の中を歩き続けた穢れを知らぬ者たちの魂は、安らかに星へと帰っていった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらの物語は、『小説家になろう』に投稿していたものをブログに掲載し直したものです。『小説家になろう』では最終回まで投稿しているので、気になったかたはそちらでもお読みいただけると嬉しいです。

 

ncode.syosetu.com

バナー画像