マリーと魔法使いヨハン87話

087 永遠の悲しみに暮れる

 

kakuhaji.hateblo.jp

 第1話はこちらから読めます ↑

 

「――――嘘でしょう、どうして?」

 マリーは震える言葉を落とし、そして同じく震える手で、恐る恐るヨハンの心臓に手のひらを近づけた。

 一瞬ためらい――――しかし、マリーは直ぐに歯を食いしばり、震える手のひらを心臓に当てた。

 刹那――――

 マリーは力なく頭を振って、大粒の涙を落とした。

 その顔には、悲しみと絶望の色が色濃く浮かんでいた。

 そしてマリーは、今度は直接ヨハンの心臓に耳を押し当てました。

「嘘よね、冗談でしょう?」

 擦れた声でマリーはヨハンに尋ねました。

「冗談なら、承知しないわよっ。こんなの、ちっとも笑えないんだからっ」

 マリーは言葉にならぬ言葉で、更に言葉を続ける。

「起きなさいよ、目を開けてよ――――早く起きないと、許してあげないんだからね」

 マリーはヨハンを強く揺らし続ける。

「ねぇ、お願い――――お願いだから、目を開けて」

 力なくヨハンを揺する手が止まり、マリーはヨハンの胸に顔を埋めた。

 ヨハンの胸からは、心臓の鼓動ではなくマリーのすすり泣く音だけが虚しく響き、崩壊した大聖堂の空間に木霊した。

「なんと勇敢なことか」

 穏やかな顔で横たわるヨハン――――

 その胸で大粒の涙を流すマリーの直ぐ後ろに立ったユダが言った。

「あれだけの膨大な魔力を押さえ込み、自分の中で魔力を還元して聖杯に還す――――自分自身の肉体と魂を魔法陣とするとは? 理屈は通っても、実行できるものではない。素晴らしい。世界は、なんと偉大なる魔法使いを失ったのか――――私はなんと取り返しのつかぬ事をしたのだろうか?」

 悲しみに暮れたユダも、ヨハンに言葉を捧げました。

「“聖杯の乙女”――――いや、マリー。すまない。私たちの愚かな行いのせいで、あなたの魔法使いを失わせてしまった。私たちは結局、悲しみを繰り返しただけだった。愚かに力を求めた先には、破滅しかないと知っていながら、それを実行することしか出来なかった私を――――どうか、許してくれ」

 マリーは涙に濡れた顔を上げ、ヨハンを抱えたままユダに視線を移した。

「そんなこと、どうでもいいわよっ」

 マリーは擦れた声を荒げた。

「ねぇ、ユダ――――あなただって、凄い魔法使いなんでしょう? ヨハンを生き返してよ。あなたたちに使った呪いでもいいから、ヨハンを生き返してよ。お願い。お願いだから。私にできることなら、何でも、するから」

 マリーは擦れた声で叫び、懇願するようにユダを見つめた。
 しかし、ユダは力なく首を横に振った。

「すまないが、私の力を持ってしても死んだものを甦らすことは出来ない。この呪いの体も、生きている者にしかかけられないのだ。それにその男は、私たちのような偽りの生を――――決して受け入れはしないだろう」

「何でよ――――」

 マリーはユダの言葉を遮るように、怒鳴りつけるように声を発した。

「何でなのよ? どうして、どうして?」

 マリーは受け入れられぬ現実に抗うように叫んだ。

 そして、マリーはもう一度ヨハンの胸に強く顔を埋めた。

 先程よりも大きな声で泣き叫ぶマリーに、ユダはただただその場に立ちつくし、悲壮を体現した表情で宙を仰いだ。

「本当にすまない」

 ユダのその言葉はマリーには届かず、マリーは永遠の悲しみに暮れていた。

 そして、テンプルナイトの十二人もヨハンの周りに集まり、全ての騎士が哀悼あいとうの意を捧げていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらの物語は、『小説家になろう』に投稿していたものをブログに掲載し直したものです。『小説家になろう』では最終回まで投稿しているので、気になったかたはそちらでもお読みいただけると嬉しいです。

 

ncode.syosetu.com

 
バナー画像