マリーと魔法使いヨハン84話

084 破滅、崩壊、カタストロフィ

 

kakuhaji.hateblo.jp

 第1話はこちらから読めます ↑

 

「さぁ、“聖杯の乙女”よ――――その光を手にするが良い。その光が、“聖杯”を自然なる姿に戻してくれよう」

 マリーは言われるままに、その光を手にした。

 ヨハンはマリーが光を手にする光景に息を呑み、緊迫した表情で見守っていた。
 そしてその頭の中は、まるで鞭を打たれた馬のように、遮二無二この状況を打開する方法を探していた。

 マリーが光を手にすると、光は優しくマリーを包み込んだ。

「――――そうだ、それでいい。聖杯よ、その姿を現したまえ」

 ユダは、“聖杯”の光に激しく魅せられた表情と、まるで何かに取り付かれたような瞳で、その紅の光を見つめていた。

 マリーは紅の光に包まれたまま、壇上の上で緊迫の表情を浮かべるヨハンに視線を向けた。

 心苦しく胸の張り裂けてしまいそうな視線が、マリーとヨハンの二人を結び――――こんなにも近くにいるのに、言葉一つ交わすことができない悲しみと憂いが二人を包み込んだ。

 刹那――――

 今までマリーを優しく包み込んでいた紅の光が、激しく熱を帯び、一瞬光が消えて大聖堂に夜が戻ったかと思うと、それは突如、爆発したように辺りに弾け飛んだ。

 放たれた光は紅い龍のように暴れだし、大聖堂に描かれた“世界魔法陣フラクタル・ペンタクル”の中を駆け巡った。

「馬鹿な――――魔力の暴走だと? ありえぬ」

 ユダは呆然としながらも、魔力を抑えようと杖を振り翳した。
 しかし、魔力の暴走は収まるどころか強くなり、マリーを取り囲むように紅の螺旋を立ち上らせた。

「これしきの魔力の暴走で、この“世界魔法陣フラクタル・ペンタクル”が崩壊するとでも――――」

 ユダは瞳を閉じて魔力を練る。

 魔法陣を構成する十二人の“テンプルナイト”たちも、皆瞳を閉じて魔力を練り続けた。

 しかし魔力の暴走は止まらず、光は溢れ続けるばかりだった。
 そして、その先に待っているであろう破滅は目に見え始めていた。

 まるで燃え盛る地獄の業火が世界を焼き尽くすかのように、紅の螺旋はマリーを包み込んで崩壊のその時を待っていた。

「このままでは――――“カタストロフィ”が」

 ユダは“世界魔法陣フラクタル・ペンタクル”が造る紅の空間に手を伸ばした。

 すると、ドーム型の空間はまるで電気を帯びたようにユダの手を弾き、ユダは手に酷い痺れと火傷を負った。しかし、ユダは手に追った手酷い傷よりも、その魂に深い傷を追っていた。

「馬鹿なっ、そんなことがあるものかっ? 私たちのしてきたことが、間違いだとでも言うのか? 聖杯よ、答えろっ――――」

 激怒したユダは、大声で叫んだ。
 しかし、その叫び声は光の渦にかき消さた。

「ばっ、馬鹿な? 私たちが、再び“キャメロットの悲劇”を起こすというのか? 私たちはあの悲しみを繰り返さぬために偽りの生を受け入れ、長い苦しみの中を歩き続けた。その我々が、再びあれを起こすというのか? 何故だ? 何故だ? 何故だ? 何故だ? 何故だ? 何故だ? 何故だ? 何故だ? 何故だ? 何故だ? 何故だ? 何故だ? 何故だ? 何故だ? 何故だ? 答えろ――――“聖杯”っ」

 呆然と立ち尽くしたユダは、光の消えた紅い瞳で暴走する光を眺めた。
 他の十二人も同様に、死者のように冷たく朽ちた表情で、激しく吹き荒れる紅の龍を眺めていた。

「――――ふっ」

 そして、ユダは力なく笑みを零した。
 事切れ、糸が着れた人形のように肩を落とした。

「もう、お終いだ――――全てが無駄だった。私たちの行ってきた全てのことが、間違っていたのだ。アルトリウス、すまない」

 ユダの草臥れた白髪が目にかかった。
 しかしその白髪をかき上げる力は、もうユダには残ってはいなかった。

「これだから年寄りは――――」

 うんざりとした声が響き――――

「――――あきらめが良すぎて困るね」

 颯爽と現れた魔法使いは、呆然と死んだように立ち尽くし、篝火に身を委ねるように立った年寄りの隣に並んだ。

「貴様、どうやって」

 ユダは信じられないと、隣に立つ魔法使いに視線を移した。しかし直ぐに口を噤み、理解したように表情を顰めた。

 それは、ヨハンの体が酷く痛んでいたからだった。

 纏っていた黒衣のマントは擦り切れ、額からは血を流し、体には無数の傷――――そして一番酷いのは、腕と手、指先だった。

 腕は焼け、手は擦り切れ、指は爛れ、爪は剥がれていた。
 まるで裂傷と炎症が同時に起きたように酷く、およそ人の指とは思えぬ姿をしていた。

「時には頭でなく――――力ずくって訳さ」

 ヨハンは屈託の無い笑みを浮かべてみせた。

「だが、もう遅い。次期に“カタストロフィ”が起きる。今度は“キャメロット”の規模ではすまないだろうな」

 感情と生気の無い声でユダは言う。

「貴様だけでも、ここを離れるがいい」

「冗談じゃない。マリーを置いていけるわけないさ」

「無駄に命を落とす気か? もう手遅れだ――――」

「それは、僕が決めることさ。あの光の中で、マリーは僕を待っている。僕は行かなければならない」

 決意を露わにしたヨハンは、更に言葉を紡ぐ。

「それに、友に約束をした。僕が大いなる力の責任を果たすと」

 すると、ヨハンは一人――――

 ――――“世界魔法陣フラクタル・ペンタクル”の中へと足を進めた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらの物語は、『小説家になろう』に投稿していたものをブログに掲載し直したものです。『小説家になろう』では最終回まで投稿しているので、気になったかたはそちらでもお読みいただけると嬉しいです。

 

ncode.syosetu.com

 
バナー画像