読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリーと魔法使いヨハン72話

072 少女の不安

 

kakuhaji.hateblo.jp

 第1話はこちらから読めます ↑

 

 突然、マリーの飲んでいたティーカップの淵が――――

 音もなく割れてしまった。

 マリーはそれを見て、より一層ヨハンのことが心配になった。

 もしかしたら、ヨハンの身に何かあったのかも――――

 マリーは自分が何も出来ないもどかしさを感じ、苛立ちを募らせていました。

 そして、マリーは窓の外を眺め、ヨハンの無事を祈った。

 それと同時に、テンプルナイトのことを――――ヴィクルルトやランスロット、そしてユダたちのことを思った。

 窓の外に広がる青い空は痛々しいほどに澄み渡り、マリーの心を呑み込んでしまうようだった。

 少女の不安は、青い空に塗りつぶされてしまいそうだった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらの物語は、『小説家になろう』に投稿していたものをブログに掲載し直したものです。『小説家になろう』では最終回まで投稿しているので、気になったかたはそちらでもお読みいただけると嬉しいです。

 

ncode.syosetu.com

 
バナー画像