読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリーと魔法使いヨハン68話

068 半獅子半蛇の怪物

 

kakuhaji.hateblo.jp

 第1話はこちらから読めます ↑

 

「ようやく、ここまで辿りついた」

 ヨハンは力強く言った。

 そして後ろ振り返り、雲の巨人と揉み合うように、別の雲の固まりに消えてしまったクライストのことを危惧した。

「後ろを見ている暇はないぞ」

「ああ、分かっているさ」

 クライストの魔力を微かに感じたヨハンは、頷いて前を向きなおした。

 するとヨハンを取り巻く空間が歪み始め、宙を漂う魔力が乱れる。

「芸がないね」

 ひび割れた空間を何事も無く駆け抜ける箒は、アルバトロスとの距離をもう間近としていた。

 再び手の届く距離までアルバトロスに近づいたヨハンは、更に神経を研ぎ澄ませ、感覚を最大限に高める。

「もう以前のようにはいかないよ――――こっちも、それ相応の準備をしてきてるんだ」

 誰に言うわけでもなく言い、ヨハンはアルバトロスの背から伸びる、トンボのような六枚三対の羽が、不規則に動く合間を縫って、船内に入れる場所を品定めするように眺めていた。

 アルバトロスはすでにキャメロットの中心――――クレーターのような巨大な空洞の上空で停止しており、船内に浸入するには絶好の機会だった。

 ヨハンは老婆の腰のように曲がったアルバトロスの背に足を付け、いよいよアルバトロスの侵入に取り掛かろうと、事を起こし始めた。

 ヨハンはまず、緑色の墨で幾つかのルーン文字を描き、アルバトロスを覆う侵入者を防ぐ魔力の膜を取り除いて行く。それからヨハンは、腕に付けている、銀と金の蛇が絡み合って出来た腕輪を外し、その腕輪に魔力を込めた。蛇の腕輪は、ヨハンが丸々通り抜けられるぐらいの大きさまで広がった。

 その間にも、侵入者を防ぐ魔法が次々とヨハンを襲うが、どの魔法もロキの魔力に相殺され、ヨハンに届くことはなかった。

 ヨハンは広がった腕輪をアルバトロスの上に置き、単語を幾つか呟いていく。

 ヨハンは今、アルバトロスの外と中の空間を繋げようと魔力を調節して、空間の座標と出現位置を固定しようとしていた。しかし目を瞑り、精神を集中さているヨハンに、突如として思わぬ邪魔が入った。

 ヨハンよりいち早くそれに気がついたロキは、直ぐに態勢を変えて行動に出た。

 刹那―――――

 炎の波に辺りは覆われ、ヨハンたちを飲み込もうと、勢いよく炎の波が迫ってきた。

 ロキはその迫りくる業火を、まるで空気を吸い込むように飲み込み、炎の波を一瞬で平らげてみせた。

「ちっ、あと少しで空間が繋がる所だったのに」

 ヨハンは、悔しそうに言った。

「そのまま魔力を集中させていろ」

 ロキは、突然現れたそれを凝視したまま、ヨハンに厳しく言う。

 ロキが鋭く睨みつけるそれは、とてもこの世のものとは思えぬ姿をしていた。

 上半身は金色の毛とたてがみを纏った“獅子”の姿をし、その下半身は毒々しい“大蛇”の尾を持っていた。その半獅子半蛇の怪物は――――ふしゅーっと体から奇妙な音を鳴らし、ロキとその後ろのヨハンを凝視していた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらの物語は、『小説家になろう』に投稿していたものをブログに掲載し直したものです。『小説家になろう』では最終回まで投稿しているので、気になったかたはそちらでもお読みいただけると嬉しいです。

 

ncode.syosetu.com

バナー画像