読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリーと魔法使いヨハン67話

マリーと魔法使いヨハン(完結済み) 小説

067 待ってるから

 

kakuhaji.hateblo.jp

 第1話はこちらから読めます ↑

 

キャメロットよ――――私は帰ってきた」

 猛々しく、そして厳かにユダは声を張り上げた。

 マリーを含め、大聖堂に集まった全ての者が、再び外の景色を映し出した大聖堂から、この超常的な光景を眺めていた。

“グランド・エア”の中心――――竜巻のとばりを抜けると、そこはとても大きな嵐の目だった。

 三百六十度、見渡す限りの全てが大気の壁で囲まれ、まるで白い筒でキャメロットを丸々覆ったように、その大気の筒は遥か天上まで伸びていた。筒の先には金色の太陽が顔を覗かせ、燦燦とした陽光でキャメロットを照らし出している。

 まるで照明が当たった舞台のように、その場所は光り輝いていた。

「これが、キャメロット?」

 マリーは、恐れ多い言葉のようにその名を口にした。

「そう、これがキャメロットだ」

 マリーは足元を眺めた。

 そこには、かつて光り輝く栄光があったと思われる場所が映し出されている―――――しかし、そこにはかつての栄光など微塵も無く、ただ岩と砂に覆われた緑一つない荒地があるだけだった。

 そしてキャメロットの中心には、まるで隕石が衝突したのではと思えるほどの、深く暗い大穴が存在した。まるで奈落の底にまで延々と繋がっていそうなその空洞は、まるでマリーをいざなうように、その瞳と心を釘付けにした。

「ようこそ、マリー・キャロル。いや聖杯に選ばれし――――“聖杯の乙女”よ」

 いつの間にかマリーの目の前に現れていたユダは、マリーにとっておなじみとなった枕詞まくらことばを、ひざまずいて述べた。

「時期、新月が昇れば新たなる時代の幕開けだ。そして、かつての栄光が再びこの地に降り注ぐだろう。私たちも、準備に取り掛からねばならない。それまで、どうかゆっくりとくつろいでくれたまえ。これが終われば、無事にあなたをボロニアまで送り返そう」

 跪いたまま、再びそう約束したユダ――――しかしマリーは、何かを感じ取ったかのように、ふと顔を上げた。まるで一陣の風がマリーの体を突き抜けたように、視線を空へと泳がせる。そして視線の先に、何があるのかを知っていたかのように、マリーは迷わずその空間を見つめた。

 そこには、マリーが待ち望み、待ち侘びていたものが現れた。

 グランド・エアを突き抜けて、真直ぐマリーの瞳の奥に向かってくる――――箒に乗った魔法使いが。

「――――ヨハンッ」

 マリーは叫んだ。

 ヨハンは雨に打たれてびしょ濡れになった体に鞭を打ち、必死にアルバトロスとの距離を縮めていた。

「まさか、ここまで――――」

 ユダは感心するように言葉発し、瞳を見開いているマリーに視線を移した。

「ヴィクルト、マリーを別の部屋へ」

 その言葉を聞いたマリーは、視線をヨハンからユダへと移した。

「ヨハンに手を出さないで」

 マリーはユダを見つめて言う。

キャメロットとこの魂にかけて――――約束しよう。少しばかり痛い思いをするかもしれないが、命までは奪わない」

「もしも――――」

 マリーは声を潜めて言う。

「もしも、ヨハンに何かあったら、聖杯は絶対にあなたたちの物にはならないと思って」

 凄みのある口調で告げたマリーに、ユダは胸に手を当て――――

「仰せのままに――――我が光よ」

 そして、不敵に微笑んでみせた。

 マリーは、ユダの瞳の奥を鋭い目つきで射抜くように見つめる。

 ユダの真紅の瞳は翳ることなく、その言葉の真偽を揺らめく炎の奥に隠していた。

 マリーはそれでもと、ユダに釘を刺すように視線を浴びせかけた。

 強い意志のこもった視線に、ユダは思わず視線をヴィクルトへと移し、何かを促した。

「さぁ、行きましょう――――マリーさん」

 促されるままにヴィクルトは口を開き、マリーはヴィクルトに連れられて大聖堂を後にした。

 マリーは大聖堂を出る瞬間、再びヨハンに視線を戻した。

 ヨハンは今も懸命に、アルバトロスを追っていた。

 そして、マリーは真直ぐヨハンの瞳を見つめ――――

「待ってるから」

 と、囁くように言った。

 そして、小指に繋がれた絆の糸を眺め――――

 マリーは大聖堂を後にしました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらの物語は、『小説家になろう』に投稿していたものをブログに掲載し直したものです。『小説家になろう』では最終回まで投稿しているので、気になったかたはそちらでもお読みいただけると嬉しいです。

 

ncode.syosetu.com

バナー画像