読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリーと魔法使いヨハン63話

マリーと魔法使いヨハン(完結済み) 小説

063 神の摂理

 

kakuhaji.hateblo.jp

 第1話はこちらから読めます ↑

 

「――――さて、いよいよだね」

 ヨハンは緊張した様子で口を開いた。

“クライスト”はうまく雲の陰に隠れながら、順調に“アルバトロス”との距離を縮め、すでに“グランド・エア”を目前に控えていた。

 ヨハンは今、操船室の真下にある、降下用のハッチで――――静かに自分の出番を待っていた。

「さすがに、この距離で見ると恐ろしいものがあるな――――」

 激しく噴き上げるグランド・エアを前にして、ロキは感慨深く口を開いた。

「何千年と生きてきた私だが、この光景は興味深いな。と、言うよりも、自分が存在する意味を考えさせられる」

「君がそんなことを言うなんて」

 ヨハンは声を出して笑った。

「感慨深くもなるだろう。この光景はそれほど神秘的だ。近づいてみて分かったが、こんなにも魔力が強い場所が、この現世にあるなんて――――異様だ」

「“獅子の戦”時代の魔力の暴走が原因だろうね? きっとあの時の魔力が、未だにこの地域には残り続けているんだろう。もしかしたら、その魔力に引かれて“スレイプニル”が起こったんじゃ」

「魔力に引かれてか? スレイプニルには何か特別な役割があるのかもしれんな」

 ロキの言葉に、ヨハンは頷いてみせた。

「僕も、それを考えていたよ」

 神妙な面持ちでヨハンが告げると、部屋に別の声が響いた。

「兄貴――――アルバトロスが速度を速めましたんで、こっちも速度を上げます。エンジンをもう一度動かすんで、ちょいと揺れます」

「分かった」

「それと、アルバトロスに接近するのはグランド・エアの中になりそうなんで、ハッチを出るときの暴風に気をつけてください」

 ヨハンはそれには答えず、黙ったままアルバトロスに視線を向けた。

「魔力を感じるよ――――多分、僕らに感づいているだろうね」

「そうだろうな」

 ロキは静かに言葉を続ける。

「いいか、お前は船を出てから魔力を使うな――――アルバトロスまでは、私がお前の翼であり盾だ。お前はアルバトロスでマリーを助けることだけを考えろ」

「なに――――」

 ヨハンは屈託の無い笑みを浮かべた。

「雀一匹落ちるのにも神の摂理がある。後は、なるようになるさ」

 全てを察し、この世の理すら理解したような穏やかな表情で――――

 ヨハンは荒れ狂う空を眺めていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらの物語は、『小説家になろう』に投稿していたものをブログに掲載し直したものです。『小説家になろう』では最終回まで投稿しているので、気になったかたはそちらでもお読みいただけると嬉しいです。

 

ncode.syosetu.com

バナー画像