読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリーと魔法使いヨハン54話

054 小指の先

 

kakuhaji.hateblo.jp

 第1話はこちらから読めます ↑

 

 小指に視線を落としていたヨハンは言った。

「――――“テンプルナイト”。彼らがそう名乗ったからには、彼らの行き先は――――“キャメロット”だ」

 操船室の中央で、確信に満ちた瞳を輝かせながらヨハンは言葉を続ける。

「“獅子の戦”の時代に“キャメロット”を治めていた少年王アルトリウス。そして、そのアルトリウスの元に集った騎士たちを、人々はそう呼んだ。神に選ばれし王――――アルトリウス。その王に使える選ばれし騎士“テンプルナイト”。彼らは、黒にも白にも染まらぬ――――“神の鷹”と呼ばれた」

「その“神の鷹”が、マリーをさらった犯人だってのか?」

 トールは大声を上げてヨハンに尋ねた。

「分からない」

 ヨハンは頭を振った。

「この一件には、魔法使いが裏で糸を引いているはずなんだ。それも、かなり権力のある魔法使いが――――“獅子の戦”が終決し、アルトリウス王が亡くなった後も、アルトリウス王への信望者は多いと聞く。今回の一件は、“キャメロット”を失った者が復讐者として動いているのかも?」

 明確な答えの出ぬままヨハンは思考を断ち切り、目の前に広がる薄暗い空に瞳を向けた。

「とにかく、一刻も早く“アルバトロス”に追いつこう。マリーが心配だ――――」

 そう告げると、ヨハンは再び自分の小指に視線を落とした。

 そして二人は、お互いの糸と糸を手繰り寄せるかのように――――

 小指の先に待つ、お互いに視線を向けていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらの物語は、『小説家になろう』に投稿していたものをブログに掲載し直したものです。『小説家になろう』では最終回まで投稿しているので、気になったかたはそちらでもお読みいただけると嬉しいです。

 

ncode.syosetu.com

バナー画像