マリーと魔法使いヨハン42話

042 マリーを救出するのは不可能だ。諦めよう

 

kakuhaji.hateblo.jp

 第1話はこちらから読めます ↑

 

 

 夜が更に深け、次第に辺りが白み始めたころだった。不意に真夜中の沈黙を破るように、ヨハンのアジトの扉が力強く開かれた。

 机の上で背筋をピンと延ばし、扉を睨みつけていたロキは、まるで来訪者が訪れるのを待っていたように、ただ平然とし扉の奥から来訪者が現れるのを待っていた。

 ロキは訪れた来訪者を見据え、アメジストの瞳を細めて静かに口を開いた。

「遅かったな?」

 来訪者は力なく肩をすくめて、机の上に腰を下ろした。

「まずいことになった――――“魔法省”が動き出してる」

「まぁ、そうだろう。あれだけ激しく魔法を使えば、いくら怠慢な“魔法省”も気づくだろう」

 来訪者はじれたように顔を顰め、苛立ちを押さえきれずいた。

「マリーを救出するのは不可能だ。諦めよう」

 その言葉を聞いてもロキはわずかにも動揺せず、平然と来訪者の話を聞いていた。

「今更だな?」

「今更だって?」

 来訪者は強い口調で反論した。

「私は、何度も警鐘を鳴らしてきたはずだ? なぜ貴方ほど者が意を唱えない――――ロキ、貴方なら分かっているはずだろう? この件が、いかに無謀で愚かなことかを」

 来訪者の言葉を聞き終えると、ロキは眼差しを緩めた。
 そしてロキは、その声を少しだけ穏やかにして言葉を紡いだ。

「お前も分かっているはずだろう? 私は相棒のすることに迷いがないのなら、たろえどんなに愚かで、無謀な道だろうと付き従うと――――あの男の為ならば、私はこの魂を捧げると、この間の夜も伝えたはずだが?」

 そこまで言い終えると、ロキは言葉を一旦止めた。
 そして手ごたえを確かめるように、ロキは来訪者を見据える

 来訪者はとても悲しそうに、その顔に影を落としていた。

「だが今のお前の言葉を聞いたら――――なおさら、ヨハンはマリーを助け出すと言って聞かないだろうな。私の相棒はそういう男だ」

「知っているよ。初めて出会った時から、あいつのそういう所が気に食わなかった―――――自信と確信に満ち溢れ、それを軽々とやりこなしてしまう才能。そして、無理や無謀、そう言われると、なおさらやる気をだす皮肉れた性格。全てが気に食わない。初めから分かっていたが、私にできるのはここまでだ。好きにやるがいい――――私は、どうなっても知らないからな?」

 残念そうに、来訪者は言った。

 皮肉を込めて口に出した言葉が彼の本心ではないことを、ロキは十分に分かっていた。

 全てを告げ終え、もはや自分にできることは何もないと悟った魔法使い――――海のように青く澄んだ瞳をした来訪者は、背を向き扉へと向かった。

「アンセム――――済まない」

「言っただろう? 私にできるのはここまでだと――――明日は国家魔法使いとして行動する」

 アンセムは背を向けたまま厳しい口調で言うと、そのまま白み始めた外の世界に消えて行った。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらの物語は、『小説家になろう』に投稿していたものをブログに掲載し直したものです。『小説家になろう』では最終回まで投稿しているので、気になったかたはそちらでもお読みいただけると嬉しいです。

 

ncode.syosetu.com

バナー画像