読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリーと魔法使いヨハン14話

小説 マリーと魔法使いヨハン(完結済み)

014 年頃の女の子

 

kakuhaji.hateblo.jp

 第1話はこちらから読めます ↑

 

 午後、マリーは外に買い物に出掛けることにした。

 先程、ロキが話してくれた事件がマリーはずっと気になっていたのだが、ロキに尋ねても、あれ以上は何も教えてくれないので、ついにマリーは話を聞くのを諦めることにした。

 ロキはいつも肝心なところを話してくれないので、その度にマリーは煙りに巻かれたような気分になった。

 マリーは鏡に写る自分を眺めながら、ヨハンがどうして犯人を逃がしたのか考えた。

 本物の魔法使いだから――――ロキはそう言っていたけど、本物の魔法使いとはどういったものなのか、マリーはずっと考えていた。

 この世の探求者にして、この世ならざる世の理解者。全てを受け入れ、そのうえで全てを疑う――――考えれば考えるほど、マリーの頭の中の糸はこんがらがり答えが遠のいて行くようで、とうとうマリーは考えることをやめてしまった。

 そして、マリーは鏡に写る自分の姿に意識を向ける。

 鏡に写るマリーの姿は、水色の地に花柄模様が鮮やかなワンピースに身を包み、足元には白いキャンバスにたくさんのスパンコールがあしらわれた靴。どちらも、昨日ヨハンがマリーのためにヨハンが買って来てくれたものだった。

 マリーの黒い髪の毛には、大きな翼に幾つもの花が飾られた髪飾りがきらりと輝いている。その髪飾りは川辺にやって来た水鳥のような、もの静かな可愛らしさがあった。不思議なことに、その髪飾りはまるで重さがなかった。鳥の羽のように軽のに、触った感じはずっしりとした金属のそのものだった。

 マリーは鏡越しに見る自分の姿に驚いた。そこに映る自分の姿は、今まで一度も見たこともないような、年頃の女の子らしい姿だった。いつも身につけていた黒い制服の使用人ではなく、明るく華やかな年頃の女の子がそこには立っていた。

 マリーはそんな自分の姿に違和感や恥じらいを感じつつも、今までとは違う自分の姿に感激し感動していた。真っ黒で、重たくて、気に入らなかったこの髪の毛も、今のマリーにはとてもよく似合って見えた。

「似合うじゃないか」

 鏡に夢中になっているマリーにロキが声を掛けた。しかし鏡越しに見えたロキの姿に、マリーは驚いて「キャー」と悲鳴を上げました。

「何を驚いている? 私だ」

 悲鳴を上げるマリーを前にしても、ロキは今までと少しも変わらない、落ち着き払い、そして淡々とした口調で言葉を発した。

「えっと、ロキなの? どうしたの、その姿?」

 マリーは振り返って、見る影も無いロキの姿を凝視した。

 今、マリーの目の前にいるロキの姿は、いつもの黒い子猫の姿ではなく、二十代後半ぐらいの男性の姿をしていた。すらっとした細みの体格で、身長は小柄なヨハンと比べずいぶん長身だった。長い黒髪を全て後ろになでつけ、その痩身を包み込むシャツからネクタイ、靴に至るまでの全てが黒で統一されていた。

 ロキの面影のある部分と言いえば、紫色に輝く鋭い瞳ぐらいで、その他は全くロキの面影は見当たらなかった。

「町に出掛けるのに猫の姿ではいろいろ不便だろう? それに、重たい荷物をマリーに持たせるわけにはいかない」

「優しいのね」

「当然だ。これも紳士のつとめだ」

「そう、でも――――」

 マリーは引きつった声で、言いづらそうに言葉を続けた。

「でもロキ、その格好怖いわよ。それに私たち並んで歩いたら変じゃないかしら?」

 マリーは不安そうな声を出した。

「そうか、私はあまり気にならないが」

「そう、あなたがいいなら私はいいの。さぁ、行きましょう」

 マリーは前身黒ずくめのロキに違和感を感じつつ、この姿のロキと一緒に歩くことに気乗りしなかった。しかし、今更ロキに猫の姿に戻ってとも言えないので、あまり深く考えずに町へ出ることにした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらの物語は、『小説家になろう』に投稿していたものをブログに掲載し直したものです。『小説家になろう』では最終回まで投稿しているので、気になったかたはそちらでもお読みいただけると嬉しいです。

 

ncode.syosetu.com

バナー画像