pixivという理想郷!!

みなさんは『pixiv』というサイトをご存じですか?

もちろん知っていると思います。

 

しかし『pixiv』には、僕の知らないおもしろい方々がたくさんいたのです!!

f:id:nowar1024:20160416143941g:plain

 

 まず初めに、このブログは僕が『カクヨム』をはじめたことを切っ掛けに立ち上げたブログで――少しでも『カクヨム』の宣伝になればいいなあくらいの気持ちで、そして僕の小説を読みにきてくれればいいなあくらいの感じで日々更新していました。

 

なので、基本的に『カクヨム』以外の話題は取り上げるつもりはなかったのですが、昨日――

 

ツイッター

 

『pixivオリ小クラスタ

 

なる存在というグループを知り、僕はものすごく感銘を受けるとともに、世の中にはこんなに面白い人たちが活動しているのだなあと感動してしまったので、急遽ブログの記事にすることにしました。

 

さて、みなさんは『pixiv』というサイトをご存じでしょうか?

 

f:id:nowar1024:20160416144557p:plain

もちろん知っていると思います。

 

しかし、多くの人は『pixiv』というサイトを、『イラスト』を投稿するサイトだと思っているのではないでしょうか?

 

かくいう自分がその一人です。

 

さらに初心なことを言わせていただければ、じゃっかんエッチな二次創作のイラストメインの、どちらかと言えばオカズ目的なサイトだと勘違いしていたのです。

 

(完全に偏見でした。まことに申し訳ありませんでした)

 

もちろん『pixiv』はイラストがメインなのですが、実は小説も投稿できるサイトだと知ったのはごく最近のことで、僕のツイッターのフォロワーに『pixiv』で小説を書いているという方が多くいたのが切っ掛けでした。

 

その時に少し調べてみたのですが、どうやら二次創作が多めのようで――

 

「まぁ、二次創作メインの投稿サイトなんだろうなあ」

 

と、勝手に結論付けていたのですが、それは完全な間違いでした。

 

昨日、僕がツイッターをのぞいてると、前述した『pixivオリ小クラスタ』なる人たちから次から次にツイートが流れてきたのです。

 

またしても少し気になった僕は、そのツイートを辿りつつ、その『クラスタ』がいったいどのような存在なのか調べ始めたのです。

 

どうやら彼らは『pixivオリジナル小説クラスタ』という集団らしく、自分たちを『おちんぽ軍団』と名乗り、意気揚々とツイートを繰り広げているのです。(『おちんぽ軍団』命名の初出は別の場所らしい……)

 

しかも彼らは、『pixiv』のサイト内で『オリジナルSFコンテスト』などを開催していて、その作品群をツイートに乗せて全世界に公開しはじめたのです。

 

自称硬派なSF通である僕(勘違い)が、真っ先に思ったのは――

 

「おいおい、こんな絵を描くようなサイトでコンテストなんかを開催して何が楽しいって言うんだ? それにおちんぽ団? そんなふざけた名前でSFを語るってどういう了見でい? 筒井康隆でも気取っているつもりかい? 下らないねえ。私は認めないよ。どれどれ――」

 

こんな斜に構えた気分で『SFコンテスト』の投稿作に立ち向かっていったのです。

 

ここで、昨日の僕のツイートを引用したいと思います。

 

 

 

すでに不穏な空気が……

 

 

すでにめちゃくちゃハマりかけています……

 

 

いやー、どっぷりつかってますね……

 

 

しまいには、コンテスト全体の考察とかを始めてます……(気持ち悪いですねえ……)

さらに続きます。

 

 

これは本当に驚かされたというか、ネット小説の凄さを垣間見た短編でした。

カクヨムにも投稿されていて、カクヨム版のほうが分りやすいのでそちらのリンクを張っておきます。

 

kakuyomu.jp

 

まだまだ続きますよー

 

 

とまあこんな感じで、完全に沼に沈みました。

 

この後も明け方まで色々な小説を読み漁っていたのですが(それはまた別のお話……)

 

一つ結論的な述べるなら――

 

「おちんぽには勝てなかったよ」ということです。

 

ここで、わが『カクヨム』のSFランキング史に残る不朽の名作短編を紹介したいと思います。

 

kakuyomu.jp

 

これは『おちんぽ団』の団長が投稿した短編なのですが、ものすごく良いんです。

 

性の切り取り方というか、おちんぽというものに振り回されてしまう男性の悲しい性を端的に表現したセンス・オブ・ワンダーに溢れる一品です!

 

僕はこの『おちんぽ団』、そして『pixivオリ小クラスタ』なる存在を知り、ネットの中には面白いことをしている人たちがたくさんいるんだなあと改めて思い知らされました。

 

まさに『超人オリンピック』ですね。

 

さらにすごいと感じたのが、『pixiv』で勝手にコンテストなどを開催し、自分たちで与えられた場所を楽しくしようと、盛り上げていこうという気概に満ちている点です。

 

ただ砂場で遊ぶのではなく、その砂場でどのようなことができるのか、どうしたら砂場がより楽しくなるのか、そんなことを考えながらサービスを利用しているところが、この『pixivオリ小クラスタ』の凄さだと思います。

 

『pixiv』というサイトの発展には、このような人たちの存在があったのだと改めて思い知りました。

 

『pixiv』が長く続き、たくさんの人が利用するわけだわ!!

 

(雑な結論のようなもの)

 

しかし、『pixiv』の凄さに震えつつも――

 

僕は『カクヨム』も、今後このような素晴らしいサイトやサービスに発展すると信じて、今日の記事を終えようと思います。

 

この記事を読んで下さったみなさん、『pixiv』もいいけど『カクヨム』もよろしくね!!

 

でわー

 

(ps、この記事はじゃっかん脚色してありますし、少し盛って書いてますので、これを読んで記事に乗せた方々にいきなり、「よぉ、おちんぽ団」などと声をかけるのはやめてくださいね。ネット上でも最低限の礼儀をもって、「あの、もしかしたらおちんぽ団の方ですか?」くらいの感じでお願いします)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

kakuyomu.jp

バナー画像